ポラリス投資顧問株式会社

サービスのご案内

サービスのご案内

先人達の教訓

ボリンジャー・バンド

■ボリンジャー・バンドの計算方法

ボリンジャー・バンドは、定められた期間の移動平均線を用い、この移動平均線の上下に標準偏差(σ:シグマ)を加味したラインを示したものです。株価の動きがある期間の平均値(移動平均線)から統計的な要素を盛り込んだ上下のバンド内で動くことを予想し、バンドの域外に出た数値(株価)を異常値として捉えるものです。

基本的には、移動平均線の標準偏差(σ)のラインを描き、そこに株価が接近してきたところで売買をするという戦略です。統計学上、移動平均線±1σ内には68.27%、平均線±2σ内には95.45%、平均値±3σ内には99.73%の確率で株価は分布し、おおむね±2σの範囲内に株価は収まることから、±2σラインに上値・下値が接近、あるいは突破(割った)した時に、売り場・買い場に好タイミングとなる可能性が高いことになります。

TP(ティピカルプライス)=(高値+安値+終値)÷3
+2σ=TPの移動平均+標準偏差×2
+σ=TPの移動平均+標準偏差く
-σ=TPの移動平均-標準偏差
-2σ=TPの移動平均-標準偏差×2
標準偏差=√{(各TP-TPの期間中平均値)の2乗を期間分全部加えたもの}÷期間(√は式全体にかかる)

ボリンジャーバンドの表

目先の価格の動きは、たいていの場合移動平均線を中心とした標準偏差の2倍の範囲内に収まります。ボリンジャー・バンドの見方には、バンドの形成するレンジを若干でも上下に抜いた地点をトレンドの発生地点と見ることができます。それはトレンド形成時のボラティリティは一定になりやすいため、ボラティリティの変化した地点はそれまでの流れの変化を示しているからです。

株価が+σや+2σを上に超えたら「(戻り)売り」(ボラティリティ・ブレイクアウトとして買う場合もある)
株価が-σや-2σを下に超えたら「(押し目)買い」
・±σより±2σを超えたほうがより強いサイン

ページトップ