ポラリス投資顧問株式会社

サービスのご案内

サービスのご案内

先人達の教訓

均衡表

■均衡表の計算方法

均衡表は「相場の主体は時間にあり、価格は結果として従ってくるものである」とする考え方が骨子とされ、この時間論を主軸に波動論、水準論の3本柱からなる総合的な分析手法として知られています。需給の面で捉えれば、相場は売り方と買い方の均衡が崩れた方へ傾くと解することができる訳ですが、とすれば現在の株価自体が持っている力を認識することが重要になります。すなわち、株価の現在性として売り方と買い方のどちらが勝ち、どちらが負けているのかという均衡関係を把握することが大きな意義を持つことになります。均衡表は相場の強弱に様々な均衡の破れを見出して、相場の現在持っている力を読み取ることによって相場を予測・観測する手法とも言うことができるでしょう。
均衡表はローソク足と、同時に記入された5本の折れ線グラフから成り立ちます。

  • ・転換線・・・・・(9営業日間の最高値+9営業日間の最安値)/2
  • ・基準線・・・・・(26営業日間の最高値+26営業日間の最安値)/2
  • ・先行スパン1・・(転換線+基準線)/2を26営業日後の地点に書く
  • ・先行スパン2・・(52営業日間の最高値+52営業日間の最安値)/2を26営業日後の地点に書く
  • ・遅行スパン・・・(当日の終値)を26営業日前の地点に書く

均衡表のグラフ

  1. 転換線、基準線
  2. 転換線、基準線の見方は、基準線を転換線が下から上抜いた地点を買いサイン、基準線を転換線が上から下抜いた地点を売りサインと捉えます。これは短期の移動平均線と中期の移動平均線の売買サインとほぼ同様のものです。
    一目均衡表の中では、基準線、転換線はそれほど重要な位置づけではないので、参考程度に留めておく方がよいでしょう。

  3. 先行スパン1・2

    先行スパン1・2は、この2本のラインで作る「雲」を用いて相場のトレンドを判断します。
    雲の見方は次のようになります。

    雲が価格より下に位置する場合、雲を「支持帯」と呼び、その時の相場を上昇トレンドと判断します。
    雲が価格より上に位置する場合、雲を「抵抗帯」と呼び、その時の相場を下降トレンドと判断します。
    支持帯は上昇トレンド形成時での下値の目安となり、抵抗帯は下降トレンドでの上値の目安と判断します。
    先行スパンは支持帯、抵抗帯としての見方以外に、2本の先行スパンのクロス地点が、その後の基調転換の目安になります。

  4. 遅行スパン
  5. 遅行スパンは、26営業日前の日足を下方から上抜いたら強気サイン、上方から下抜いたら弱気サインと判断します。この見方は、相場を予測する目安になります。

ページトップ