ポラリス投資顧問株式会社

サービスのご案内

サービスのご案内

先人達の教訓

MACD

■MACDの計算方法

MACDとは「Moving Avarage Convergence and Divergence」の頭文字をとったものです。この手法は日本語では「移動平均収束発散(拡散)法」又は「移動平均収束乖離」などと呼ぶのが一般的です。

MACDは1970年代後半に確立され、当初は株式市場における「買われ過ぎ」及び「売られ過ぎ」を判断する指標として利用されていましたが、トレンド転換を早めに示唆することに優れることから、次第に移動平均線の先行指標として用いられるようになりました。

移動平均線を例にとりますと、一般に、短期線は長期線より反応が早いため、トレンドの変局点近辺では両者のギャップが大きくなります。イメージとしては、MACDはこのギャップの幅を計測したものですが、通常の移動平均線とは異なり、指数平滑移動平均線という直近期にウェートをかけた平均線に基づいて算出されることに特徴があります。

(例:標準的パラメータ、12週線と26週線の場合)
MACD=EMA12-EMA26
EMA12:12週の指数平滑移動平均値
EMA26:26週の指数平滑移動平均値
※EMA=Y+α(X-Y)
・ X:t期の終値 Y:(t-1)期における平均値
・ α:平滑化定数0≦α≦1
  α=2/(n+1)
・n:平滑する期間

以上の公式から、指数平滑移動平均(EMA)は直近時点に近い株価ほど影響力が大きくなるように算出されます。このように直近期の株価の変化をより反映させる指数平滑移動平均線(EMA)を長短2本用意し、この2本の指数平滑移動平均(EMA)の乖離を計測したものがMACDなのです。

また、もう一つのシグナルとしてはMACDの移動平均線(標準的なパラメータは9週など)が用いられます。

MACDのグラフ

  1. MACDとシグナル(MACDの移動平均線)のゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売り
  2. 上記ゴールデンクロス後、2線ともゼロを上回れば本格上昇。上記デッドクロス後、2線ともゼロを下回れば下落基調
  3. MACDとシグナルとの差が最大となった時点が絶好の売買タイミング

    上記1~3はMACDないしシグナル(MACDの移動平均線)に着目した活用法ですが、この他に、株価の動きと照らし合わせることでトレンド転換の予兆を察知できるという点に同指標の大きな特徴があります。

  4. 株価が上昇し続けているのに、MACDが下方に向かうないしはMACDラインのトップを切り下げる

      →「発散売り(Divergence Selling)」:下落を示唆

  5. 株価が下落し続けているのに、MACDが上昇に向かうないしはMACDラインのボトムを切り上げる

      →「発散買い(Divergence Buying)」:反騰を示唆

  6. 株価が上昇に向かう、MACDも上昇に向かう

      →「収束買い(Convergence Buying)」:上昇トレンド入りの確認、
      ロングポジションを示唆

  7. 株価が下落に向かう、MACDも下落に向かう

      「収束売り(Convergence Selling)」:下降トレンド入りの確認、
      ロングポジションの決済を示唆

特に4と5のダイバージェンスについては、トレンドが自分の思惑に対して逆向きに転換するという予兆を察知するための強力なツールになると言えるでしょう。具体的には、価格が局所的な高値を更新しているにもかかわらず、MACDがピークをつけ、ダウントレンドに入った場合、価格の下落を予想し、それに見合ったポジションを構える。逆に、価格が局所的な安値を更新しているにもかかわらず、MACDがボトムをつけてアップトレンドに入った場合は株価の反転・上昇を想定して対処するという使い方が有効です。

ページトップ