ポラリス投資顧問株式会社

サービスのご案内

サービスのご案内

先人達の教訓

サイコロジカルライン

■サイコロジカルラインの計算方法

サイコロジカルとは「心理的な」という意味です。株価の上昇が続けばそろそろ下がるだろう、逆に株価の下落が続けばそろそろ切り返し、上昇するだろうと考える投資家心理を数値化し、市場が強気に傾いた時に売りのタイミングを測り、逆に弱気に傾いた時に買いのタイミングを測る逆バリ手法のオシレーター系指標です。一定期間のうち、株価が前日に比べて高い日が何日あったかを調べ、その比率を算出します。計算は極めて簡単ながら、ある程度は有効性がある点ですぐれています。

サイコロジカルラインの計算式は過去()日間の立ち会い日数のうち、株価が前日と比べて上昇した日数合計の割合をとるものです。

(12日間のうちの前日比がプラスの日数/12)×100(%)

一般的には12日間の株価の推移から、前日に比べて高かった日が何日あったのかを調べ、短期のタイミングを捉える手法として用います。計算式は上記の式に 12日を代入して、12日間での株価上昇日÷12日×100%、前日比同値や出来ずの日は上昇日に0.5を加算します。

ここで75%(9勝3敗)以上は、買われ過ぎ・過熱気味で売りシグナルと判断され、25%(3勝9敗)以上は売られ過ぎ・底値圏から反転のタイミングが近いとみて、買いシグナルと判断されます。仮に上昇した日が6日であれば、サイコロジカル・ラインは50%になります。

確率の上では、12日続伸(12勝0敗)や12日続落(0勝12敗)の確率は4096分の1で、年間立会日数を250日とすると実に16.4年に1度しか起こらないこととなります。

  1. 1勝11敗(11勝1敗)以下の起こる確率は4096分の13(0.32%)
  2. 2勝10敗(10勝2敗)以下の起こる確率は4096分の79(1.93%)
  3. 2勝9敗(9勝3敗)以下の起こる確率は4096分の299(7.30%)

こうなると、サイコロジカルラインが16.7%(2勝10敗)になったとすると、それ以下になる確率は実に1.93%しかありませんから、確率論からすれば、次は上昇する確率が極めて高く、絶好の逆バリのタイミングという判断ができます。ただし、サイコロジカルラインも他のオシレーター系指標と同様に、大きなトレンド発生時には、上下に張り付く現象になります。なお、サイコロジカルラインの考え方に上昇幅・下落幅を導入したのがRSIです。

ページトップ